読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

画家の死後:内藤瑶子の生前日記

自称絵描き|内藤瑶子のナイトー自身による、活動報告のブログです。/ 東京近辺で活動中。詳しいことはhttp://yokonaito.info/へ。

久しぶりの更新になりました。
↓今月下旬に開催される、グループ展のお知らせです。↓

  • 『わたしの中の小泉八雲』@ギャラリー枝香庵(銀座)

と言っても、まだ作品を制作途中なんですよね…(大汗)なかなか苦戦しております。あともう一歩、頑張りたい所です。
小泉八雲こと、ラフカディオ・ハーンの『怪談』(英語ではKWAIDANと書くそうです。)をモチーフに描いています。
私はDMの作品は「むじな」、即ち「のっぺらぼう」を描いていたのですが、他の2点、ないし3点は「ろくろ首」を描きました。

わたしの中の小泉八雲
−イメージと創作−

■2012年7月23日(月)〜7月30日(月)
■11:30〜19:00(日曜日、最終日は17:00まで)

■出品作家:
阿部清子・新槇英美子・大野俊治・古茂田杏子
關加奈子・田端麻子・内藤瑶子

物語とアートの結びつきを強固ならしめることは低迷している双方にとって、ともに復権への第一歩だと考えます。
この度の第四弾は再来年没後110年を迎える小泉八雲(ラフカディオ・ハーン:1850〜1904)を採り上げることと致しました。
八雲は外国人でありながら日本人の心性の奥深くに眠っている霊性、奇や怪の世界を文章で救い上げた人です。今展はその八雲が築き上げた世界に、その作品を敬愛する現代作家達が挑戦致します。
御子柴大三

■ギャラリー枝香庵
〒104-0061 東京都中央区銀座3−3−12 銀座ビルディング8F
TEL: 050-3452-8627
Web: http://echo-ann.jp

ホームページに場所がわかりやすく載っています。少し迷うかもしれませんので、参照したら良いと思います!