読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

画家の死後:内藤瑶子の生前日記

自称絵描き|内藤瑶子のナイトー自身による、活動報告のブログです。/ 東京近辺で活動中。詳しいことはhttp://yokonaito.info/へ。

活動のお知らせ

3月も終盤にさしかかろうというのに、冷え込む日が続きます。
なんだか特に東京が寒い気がするのですが、私の住んでいる神奈川県がわりと暖かいからなのかな?
それにしてもまだコートやマフラーなど着込む毎日。はやめに暖かくなって欲しいですね!


いま会期中の『小さな人人展』、間際まで描いていたのであまり告知できていません。興味がある方は是非、上野湯島の画廊、羽黒洞に来てみてください。(告知、最後に載せておきます。)

同じ画廊で今月の終わりから予定されている、トキコキこと「日本民族美術の力4『ときこきまぜる』」の詳細も下記いたします。
(今回は画像があるので!)

                                                                                                                    • -

◎展示内容もさることながら、聞くところによれば、出品される佐々木さんは東京アートフェアにも作品が出展されるとのこと。行ってみようかと思っております!

日本民族美術の力4「ときこきまぜる」

  • 開催期間:2012年3月30日(金)〜2012年4月18日(水)
  • 休館:日曜日、祝日
  • 時間:11:00 〜 18:30
  • 会場:羽黒洞木村東介
  • ホームページ:http://www.hagurodo.jp
  • 住所:東京都文京区湯島4-6-11湯島ハイタウン
  • お問い合わせ先:E-mail hagurodo@gmail.com Tel. 03-3815-0431


【出品予定作品】:
桃山期柳橋屏風、肉筆浮世絵、佐々木誠
内藤瑶子、中村正義、美濃瓢吾、山本萌美 他 

「見渡せば柳桜をこきまぜて都ぞ春の錦なりける」
古今和歌集 素性法師

「見渡せば柳と桜を取り混ぜて都は春の錦のようだ」という歌です。今回はこの歌よりヒントを得て展覧会を企画致しました。桃山期に好まれた図柄の柳橋屏風と江戸期肉筆浮世絵にあわせ、現代作家の作品を同時に展示致します。今と昔をこき混ぜて、日本の時を感じて頂けば幸いです。是非ご高覧下さいませ。

繰り返しになってしまっていますが…人人展も載せておこうっと。

『小さな人人展』

  • 2012年3月14日(水)〜3月24日(土)
  • 日曜祝日休廊
  • 11:00am-6:30pm

【出品予定作家】:
阿部清子、猪瀬辰男、大野俊治、大野泰雄、岡田慶隆、
奥津幸浩、小野なな、亀井三千代、久保俊寛、郡司宏、
古茂田杏子、佐々木誠、高橋美子、田上允克、田端麻子、
内藤瑶子、長尾春枝、並木鏡吾、成田朱希、西田弘英、
尾藤敏彦、ヘンリー市川、松三郎、美濃瓢吾、山崎美佐子、
吉田佑子、米田昌功、LUNE、渡辺遮莫次郎、渡辺つぶら、
大島哲以、佐熊桂一郎、中村正義、星野眞吾、山下菊ニ


『小さな人人(ひとひと)展』開催します。
毎年東京都美術館での人人展と同時開催しております『小さな人人展』。都美術館での展覧会は改修工事の為お休みになりますが、
当店では今年も楽しく賑やかに開催します。創立会員も含めた35名の作品を展示致します。

どうぞよろしくお願いします!