読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

画家の死後:内藤瑶子の生前日記

自称絵描き|内藤瑶子のナイトー自身による、活動報告のブログです。/ 東京近辺で活動中。詳しいことはhttp://yokonaito.info/へ。

個展「Lunar Sexual」4月3日(金)〜@HIGURE 17-15 cas 2F(日暮里) だよ!

ホテルでの制作がはじまっています。 色々と別件もあり、ほんとうに×2忙しいので、当初のコンセプトである「ホテルライフを楽しみながら」という滞在制作ができているかは…。。よくよく考えれば難しい作業ですし、作家の間では追い込まれ過ぎて「だんだん頭オカシクなってきそう」というのが裏の(?)噂でもあります。(掛け値なしにホテルは素晴らしい所です!)

さて、もう来週に迫った個展の告知をしたいと思います。 概要は下記になります。

Yoko Naito 内藤瑶子 Lunar Sexual ルナセクシュアル 日 程:2015年4月3日(金)〜14日(火) [会期中休み無し] 時 間:月曜〜金曜17:00〜20:00/土曜、日曜13:00〜19:00 会 場:HIGURE 17-15 cas 2F(東京都荒川区西日暮里3-17-15) 企 画:TANA Gallery Bookshelf 協 力:HIGURE 17-15 cas lunar
「ルナセクシャル」展は内藤の多岐に渡る技法と主題から特にアンドロギュヌス(両性具有性)をモチーフとして扱った日本画作品に焦点を当てています。内藤が作品の着想を得たプラトンの『饗宴』では、人間が魂の半身を求める根源的な衝動を男性の象徴である太陽と女性の象徴である地球の間を永遠に彷徨い続ける月になぞらえて語っています。内藤は日本画という分野の伝統から逸脱しつつも日本画の画材を活用し、激しい筆致で画面中に垂れや滲みを創り出しながら、人間がその半身を求める情動を書道のような躍動感と抽象性で描き上げます。
(TANA Gallery Bookshelf, http://tanagallerybookshelf.com/index.html#YOKO より、英語だとよくわかんないので訳してもらいました!)
美学校「ギグメンタ2015」に関連した、TANA Gallery Bookshelf(以後棚)企画の展示です。 私は美学校の卒業生というわけではなく、たまにイベントにお客さんとして行くような感じです。また、棚の方は私企画のイベント「波の会」を一緒にやってきていたりしていて、旧知でしたが、絵で関わるのは初めて。(追記:初めてじゃないや、美学校 ANNUAL REPORT『SUPERBODY』だった!失礼!) 2013年にギャラリーT-BOXの個展で発表した「ANDROGYNOUS」というドローイングシリーズなどを気に入っていただいたようで、大型なドローイングを展示してみないかとのお誘いでした。プラトンの対話編『饗宴』(本当に大好きな作品!)の内容をモチーフにした作品群で、いろいろとウンチクはあるのですが時間の関係もあるのでまた今度。(なかなかこういう話を聞きたがる人もいませんが) なかなか大型なドローイング作品を展示したがる画廊やギャラリーは少なく、また思い入れもあったシリーズだったので、若干ヘビーなスケジュールでしたが、頑張って作ってみました。 是非見にきてみてくださいね。 上下二階で同時開催しているので、一階ではナガタニサキさんという作家さんの展示も見られるようです! ※運営側の事情で、平日は夕方(17:00~20:00)のみの開廊となっております。ご注意下さい。 ※「波の会」は今回は棚の方がメインで企画しているのですが、まだ色々と未定です。とりあえず我々はいます。。 では、取り急ぎ。