画家の死後:内藤瑶子の生前日記

自称絵描き|内藤瑶子のナイトー自身による、活動報告のブログです。/ 東京近辺で活動中。詳しいことはhttp://yokonaito.info/へ。

人人終了・テレビ・絵を買ったその後

無常だね。

「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず」かね。流れがはやすぎてやばい……(@o@) 

とりあえず、お知らせすべきなのは次の2点

  • 「第42回人人展」が無事終了。たくさんの方々のご協力なしにはできない展示です。尽力下さった方々、そして来て頂いたお客様に感謝とお礼を申し上げます。
  • BSフジにて毎週火曜 21:55~22:00 放送中のテレビプログラム「ブレイク前夜~次世代の芸術家たち~」に、縁あって出演させていただくことになっています。

    breakzenya.art

やっぱりテレビってすごい。私の活動にあまり興味を示さない息子だが、一気に尊敬ムードに。

絵に興味のない旧友、親戚連中などの「風来坊・ないと〜」への視線に変化が!

ーーーーー

人人展については、展示の様子などをまとめたものを編集中ではあるのですが。

特別陳列でフューチャーしていた物故作家は、おなじみの(?)中村正義(1924 - 1977)と佐熊桂一郎(1929 - 2006)。さまざまな方面の方々の協力あっての企画なので、そのセレクトにも当然さまざまな事情が絡みます。

f:id:yokonaito:20180409145429j:plain
f:id:yokonaito:20180409145444j:plain
「第42回人人展」特別陳列「顔」の会場風景。一番右が佐熊桂一郎「巡礼の女」 油彩 F40 制作年不詳。

飾ることになった今回の佐熊作品は、絵の上からなにやら感情的に内容をうち消そうとするような筆致の入るもので、かなり重ねて描いたようなごそごそしたマチエールに産みの苦しみを感じます。

そういえば、某所でけっこう前に購入した佐熊作品。慌ただしすぎて未開封でしたが、出してジロジロしてみました。けっこう人人に出ていた作品に近いかも。

 

f:id:yokonaito:20180409145459j:plain

これがその佐熊作品、その名も「女」。人人作家で学芸員の大野俊治さんに聞いてみると、これらの女性像は佐熊さんの奥様にも似ているみたい。

佐熊さんといえば、劉生に影響を受けた風の童女、名前を「おちかさん」という絵解きが有名。

江戸時代でも、近代化する過程でも、基本的に精神障害のある子供は納屋とか座敷牢などに匿うのが普通だったそう。佐熊さんが幼少期に伊東の温泉街の「座敷の隅」で会った「おちかさん」はそういった子だったようで、後の絵に大きく影響を与えているらしい。

 

f:id:yokonaito:20180409145743j:plain

第33回展の図録が追悼陳列。これはおちかさんっぽい仕上がり。中にもかなり解説あり。この時はまだ小山さんもヘンリーさんも堀さんも松さんも生きていたんだなぁ。。

私の母親も、地方のいいお屋敷の中に座敷牢があるのを見たことがあるそう。意外と身近なんですね。

今では考えられないけれど、江戸時代から文明化するにあたって精神障害者はどんどん社会からは締め出される方向にあって、そのすべてのしわ寄せが家族への負担になっていたとのこと。(↓この書籍より↓)

狂気と犯罪 (講談社+α新書)

狂気と犯罪 (講談社+α新書)

 

 たとえば、佐熊さんと同じく人人会の創立メンバーだった斎藤真一(1922 - 1994)は瞽女さんを大きく打ち出した絵で人気を博していたけれど、佐熊さんの言説を見る限りでは、そういった事柄を強く訴求したかったわけではなさそう(?)。

ともあれ、この画家は本当にこういう絵ばかり。

ワンパターンを超えて、得体の知れない迫力のある画業です。

 

ちなみに、ためしに額を開けてみたらマット台紙で覆われて見えなかったところに新たなマット台紙と予想外に大きな画面が出現。どういうこと!?

よく見たら、水彩じゃなくて油彩。中はキャンバスになっていた。

f:id:yokonaito:20180409145602j:plain

どういう経緯でこうなっちゃったの!?スゲー謎だが大事にします。



 

人人展近づく!図録にも寄稿。ギャラリートークもあるよ。

3月末。毎年恒例の人人展が今年も近づいてまいりました。

いろいろな雑務をこなしているメンバーも含め、もしかして俺たちパニクってる……?状態。

展示準備は何回やっても、なんだか慣れませんな。

「第42回人人展」
今年の人人展は、例年と場所・会期が変更となっております。ご注意ください。また、月曜日も開場しております。
会期:2018.325日(日)~31日(土)
時間:9301730入場17:00
会場:東京都美術館・1階 第4展示室(上野公園内)(地図はこちら

  • 会期中無休最終日は14:30入場、15:00まで

入場料:一般500円・学生300円
主催:人人会
図録:500円にて販売予定

 

さて、図録も刷り上がって参りました!

前回もお伝えしたとおり、今回の特別陳列「顔」のスピンオフで、図録企画もあります。

光栄なことに私もテキストを寄稿させていただきました。

f:id:yokonaito:20180318012214j:plain

こんなやつです!


この展示は、人人会創立の中心的なメンバー・中村正義のエッセー「絵はすべて自画像」に着想を得て立てられた企画です。もともとは、我々のボスである画家・郡司宏が2014年の特別陳列でとりあげた文章で、今回はさらにその読解を推し進めるような企画になっているのだと思います。

 

しかし、この表題の「自画像」という言葉。中村正義はやや特殊な使い方をしています。

ほんとうに絵はすべて自画像かしら。

中村正義のこの文章は、自己表現とは何か?ということ、芸術はどうあるべきかということ、短い文章の中に簡潔にまとまっています。

ただ、これが燦然と輝く完璧な理論だ!ということではなくて、むしろ矛盾や問題系を大胆に含んでいるように思います。

私の文章は、それを丁寧に読んで考えてみようという内容になっています。

 

以下ウェブサイトより

◆内藤瑶子「『絵はすべて自画像』なのか :私に溶けゆく誰かの「顔」の新たなる鋳造について」
「絵はすべて自画像」か?ーーあまりにも表現主義的、心のリアリズムともとれる中村の文章をときほぐしながら、その問いに内包される個性表現と芸術との関わり合いを考えます。人人会において大きなテーマとされてきた個々の独立した創作活動と自由。これらの理想を担保する「個性」を漠然と賛美するのではなく、その複雑なありように目を向けたいと思います。

 

 この図録は、展示会場で500円で売ってます。

人人作家いろいろ盛りだくさん、もし良ければ購入を検討してくださいませ!

 

さらに初日、25日14:00〜はこの図録企画絡みで、同じく図録企画で論考を寄稿されている大野俊治さんと私でギャラリートークを行います。

他の作家さんにもインタビューしますので、出品者も集まる予定です。

物見遊山ウェルカム!ぜひ!

 

↓詳細は以下のページでお知らせしてますヽ(´▽`)/↓

hitohitokai.org

 

展示のお知らせ「物語の中の主人公達4」@ギャラリー枝香庵

ご無沙汰しております。2月は28日まで。慌てている方もいらっしゃるのでは?(私もです…)

しかし1ヶ月以上ぶりの更新か!いちおう月2回を目指している。( ̄▽ ̄;)


今年最初の展示はギャラリー枝香庵のグループ展「物語の中の主人公達4」3月8日(木)〜また本読み企画です。作品1点で出展予定です。

f:id:yokonaito:20180227110513j:imagef:id:yokonaito:20180227110517j:image

その直後には毎年恒例「人人展」もあり、こちらの運営・準備作業も佳境に入ってきました。

今回は図録企画なるものにてテキストを書かせていただけることにもなり、

ギャラリートークも出演予定。

どうなるのおいら。。相変わらず玉砕モードでやってます。ガンバル!

いちおうリンクおば。是非是非!

hitohitokai.org

 

ーー

話をもどして、ギャラリー枝香庵のグループ展「物語の中の主人公達4」でとりあげるのは新美南吉 ごん狐です。教科書などにも収録される名作d( ̄  ̄) 

f:id:yokonaito:20180227111149j:plain

右の加筆しない、刷りだけのも捨てがたいんだよなぁ〜🤔

「なにがしの物語の主人公を描く」ということは、絵の中にその説明を入れる必要があります。

今回だったら、「なんかの動物」ではなくて、少なくとも「キツネ」である必要がある。

私はあまり絵で説明をするということを志していないので、たいがい悩みます。

でも、時に応じていろいろな絵を描いていくことで、自分がどういったものを目指しているのかが詳細にわかっていく所もあります。

 

私はもともと美術を学んでいたわけではないし、作品を発表しながら絵を学んできたので、いろいろな機会があるということはありがたき幸せなのです。

 

新美南吉童話集 (岩波文庫)

新美南吉童話集 (岩波文庫)

 

 こういうのに入っています。でも青空文庫にもあります。

 

謹賀新年 / みなさまの健康と幸せをお祈りいたします!

f:id:yokonaito:20180102131726j:image

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

ーー

大掃除ですっかり疲労困憊な幕開け。

でも、倉庫に溜まっていた不用品を処分して心機一転!

いい制作ができるといいなあ。

今年は自分にとってチャレンジングな展示企画が目白押しです。

しかも私は今年でサンサン33歳。

正念場ですな。ᕦ(ò_óˇ)ᕤ

ーー

今年が沢山の方々にとって良い年になりますように〜!

 

 

 

 

私の個展レビュー?/ゲオルク・ジンメルの表現主義思想

冬本番。わりと温和な気候の湘南地方にある私の家ですが、寒さを実感中。毎日布団から出るのが大変です。

 

ーー

11月中旬にやっていた私の個展のレポートを、人人会レビュアー・山田歩さんが執筆してくださいました。ありがたい~!↓こちらです↓

hitohitokai.org

絵よりも私が何者かが気になるとのこと。もう少し、絵で完結するような作品を目指さなくてはなりませんね。絵描きならば。

ーー

実は個展の会場にこそっと置いておいた卒業論文に、私が描いてきた絵との繋がりを感じるお客様が、山田さんをはじめわりと多くいらっしゃいました。

今では私が思っている以上に自分の活動と関係が深いのでは?と思うようになりました。なので、ここにも簡易版をのっけておき〼。もし興味あれば。

 

 ちなみに、こういう知識や理屈にこだわることは、絵描きに推奨されてないことが多いです。多分、考えすぎることで筆が止まってしまうからでしょう。

でも、今までのセオリーにしたがって活動しても仕方がないし、好奇心を抑えることも難しいですし、ケセラセラですな。

短縮ver. :G・ジンメルにおける「生の過程」と表現主義思想のコピー.pdf - Google ドライブ

https://drive.google.com/file/d/1Ep8J_-r6jzfT68s4UyAOwjo37b6_9mLQ/view?usp=sharing

 

 研究対象はヨーロッパ(特にドイツ)に芽生えた表現主義思想。美術の分野では、よくニーチェが引き合いに出されるジャンルなのですが、私はニーチェショーペンハウアーに影響を受けた生の哲学者、ゲオルグジンメルを研究しました。この潮流は、同時代ではベルクソンフロイトが(特に日本では)有名。でもこのジンメルさんは社会学の創設が出発点なので、壮大なようでいて変に細かい分析が残留する。

また、ガッチリとした体系を意識して書かれた近代哲学から、流浪するエッセーへと大きく舵をきった人でもありました。内容も文体も、そのなんとも言えない腰抜け具合が好きでした。ハッキリしろ!と言いたくなる。

でも、そもそも何事も簡単に決着がつくのだったら、誰も苦労しないですよ。

あと、哲学専攻につき、あまり美術分野の内容を入れなかったのですが、下記内容を少し足しました。

 

◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー

事実、ジンメル第一次世界大戦については戦争擁護者で、その戦中に亡くなりました。ナチに首を突っ込んで非難轟々だったハイデガージンメル『生の超越』を愛読していましたし、逆にナチスに追われたベンヤミンのパサージュ論にもジンメルの都市論が影響を与えたとされています。しんみりしちゃいますね。ジンメルだってドイツ系ユダヤ人でしたから、もし生きていたらどうなっていたか。。

 

  • 表現主義絵画の抽象化傾向と、現代美術分野でのフォーマリズムの抽象の相違点。

ジンメル社会学分野で「形式主義者」として有名ですが、これは美術のジャンルではありません。

ここでの表現主義は、目に見える形と作品表現との相関関係を破壊すること、つまり自然主義批判によるデフォルメ化。でも、日本に従来からあったビジュアル(浮世絵とか)はそもそもデフォルメされたものが多く、日本における表現主義の革新はむしろリアリズムを突き詰めるパターンも多い。

このトピックを木下杢太郎・山脇信徳・武者小路実篤による「絵画の約束論争」(1911)までさかのぼると、木下杢太郎がジンメルの理屈に通じていたのもよくわかる。*1木下杢太郎による翻訳で、ジンメルロダン論が当時の『白樺』にも掲載されています。

ジンメルは日本の工芸品などの収集が趣味だったらしく、よく著作に出てきますし、参考にしていたらしいです。

 

◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー◇ー

 

 私は高校を中退してしばらく経ってから、20代半ばで大検を取得して、通信制の大学に通っていました。その間8年近く、子どもを妊娠して出産もしました。今振り返ると、自分をとりまく状況が目まぐるしすぎて、粛々と絵を描いて本を読むということに逃げ込んでいたようにも感じます。

でもおかげさまで、20代半ばまで本を一冊読み終えることが難しいくらいだったのですが、今ではかなりの量の文字をさばけるようにまでなってきました!

この量を、もっと洗練させていかなければなりませんね。

 

*1:ただ、木下杢太郎が、表現手段として絵画形式を重んじたのはわかるけれど、西洋の動向を輸入する上での「正しい道順」を意識してしまう点は根本的に考え方がジンメルとはちがう。そして多分、この根本的な違いは自覚していたと思う

なんとかやってます / 近況

個展も終了して、もう一か月経ちました。はやいものです。
なんとか続けられそう。大きい展示が終わると毎回「もう作家とかやめるかも…」って思うんですけど、今回はちょっと目線が上むきです。


みなさまの応援・ご支援があってこそでございます!!m(__)m

改めまして、お客様・お世話になった方々に感謝申し上げます。

展示風景や作品などは、ウェブサイトに少々アップしたりしています!

yokonaito.info

ーー

最近は何かと文章をいじっていることが多くて、肝心の画像の締め切りなどを忘れていたりする。おいおい!

ーー

私が調査したりするのはほとんど物故作家(死んだ作家)。そういう興味の上で、知り合いのコレクターの方に手放した作品やコレクション放出・整理のことなどの話を聞くにつけ、作家の文章やまとまった資料・アーカイブがあるなしで、作品の見られ方が大きく違うことに大変な歯がゆさを感じてしまう。

特に、反アカデミズム系の画家は作品についてあまり語っていないことが多い。むしろ拒否しているように見えることもあるし、こっちが聞きたいことが資料や記録として残っていないまま亡くなっているケースもあるように思う。

そもそも画家にとって、「言葉」の捨象力に拒絶反応があるのは通常運行
もちろん、作品は作者から離れて、自律した存在であるべきだとは思うのだけど。

ーー
22687517_854118988098579_3994367047355506579_n

先日まで羽黒洞で開催されていた「抒情の画家- 佐熊桂一郎・古茂田杏子 二人展」の佐熊桂一郎も、作家目線からは本当に面白い作家。このまま忘れられていくのはしのびなく、絵や作家にまつわることを筋立てて語ってしまいたいという欲望が抑えられない時がある。

人や作品なんて、一貫性をもった言葉で表せるはずがないのにね。 

f:id:yokonaito:20171130210940j:plain
f:id:yokonaito:20171130210943j:plain
これが佐熊桂一郎特集が13頁も掲載された『みづゑ』1971年4月号だ!

もちろん、文脈の依存度が高い作品もあれば、低い作品もある。私はドアカデミックな現代美術をフォローしてきたわけではないし、骨とう品や物故作品の中で活動してきたから、言葉から離れた物の行き先に関する一種の無常観(?)がないわけでもない。

なくなるものがあるからこそ、今あるものに注視できるのだから。

うーん(-ω-;) まあ、いろいろ資料を集めてみてから考えよう。

ーー

最近読んでいた本の訳者後記より。

「要約からは多くのものが抜け落ちる……それ自体としてはけっして間違いとはいえない要約からは本書を本書たらしめる『何か』が抜け落ちる」

大概これで、私は人をがっかりさせている気がする。

それにしてもこの本の説教、ささるな~人物や作品の概説なんか、一言も書けなくなりそう。

ニーチェと悪循環 (ちくま学芸文庫)

ニーチェと悪循環 (ちくま学芸文庫)

 

 

そして、ジンメルに続いてまたもや論述しない袋小路タイプの思想にはまる泥沼。今まで自分がこういうのが好きだって気づかなかった。。 

蔵書票展、ブックスモブロ会場での小展示は〜5日まで続いています。

水平線ギャラリー鎌倉での蔵書票展は終了したのですが、ブックスモブロでの小展示は〜5日まで続いています。三連休、秋晴れの鎌倉は混みそうですが、きっと気持ちいいとおもいます。
水平線ギャラリーで、売っていた蔵書票を買ってくださった方がいるそうです。
ありがとうございます!(もしよければ名乗り出ていただけるともっと喜びます)ブックスモブロにも甕の蔵書票が一枚あるはずなのですが、まだあるのかな?
 
ちなみに、こんな蔵書票でした。
f:id:yokonaito:20171102224324j:imagef:id:yokonaito:20171102224314j:image
  
いろいろな御託を考えて、古代ギリシアの飲み会で酒を入れる甕*1をモチーフにしよう!と思ったのですが、そもそも日常的に甕なんて使わないし、そもそもどんな形のものなのか!?
ものすごい急ぎで作っていたので、とりあえずネット検索。
ルーブル美術館のデータベース(http://www.louvre.fr/jp)超すごい。
すぐにクラシック時代のクラテール*2を発見しました。
今見たら、日本語訳もあってなおすばらしい!
ただ、仕上がりは甕なのかなんなのか、よくわからんぞ!
 
それでも東京国立博物館 - コレクションのほうがシンプルで見やすいと思う。ルーブルのサイトはフラッシュが多様されすぎていて、ブラウザを選んでしまいます。
 
蔵書票を貼り付けて本も展示していたのですが、なぜか嵐山光三郎『温泉旅行記』を選書。甕の版画も含めていろいろ謎な仕事ばかりしてしまったが、
とりあえず、温泉と酒は最高です!

 

温泉旅行記 (ちくま文庫)

温泉旅行記 (ちくま文庫)