読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

画家の死後:内藤瑶子の生前日記

自称絵描き|内藤瑶子のナイトー自身による、活動報告のブログです。/ 東京近辺で活動中。詳しいことはhttp://yokonaito.info/へ。

展示告知『内藤瑶子の世界Ⅱ三浦徹コレクション』・その他いろいろお知らせ

今回は、3点ほどお知らせがあります。
🙆‍本日で『私の、意中の画家 』@銀座屋上ギャラリー枝香庵 8Fが終了しました。
🙆‍コレクション展『内藤瑶子の世界Ⅱ三浦徹コレクション』が4月1日からはじまります。
🙆‍人人会のホームページにて、「第41回人人会」のレポートを掲載しました。
 

『私の、意中の画家 』は、オープニングパーティも兼ねたギャラリートーク松本竣介を語る」梅野亮(梅野記念絵画館運営委員)にも参加しました。肝心の松本竣介話、いろいろバタバタで聞けなかったような気もしましたが😅
質疑応答ふくめ、とても盛況な様子でした。
梅野さんがお話していた、絵を描く上で画面に現れてくる精神性など、絵と描き手の関係に関するトピックが印象に残りました。この国では特に表現主義的な探求が素朴に信用されているし、心象風景はとても人気があるジャンルなんだなぁ、とよく思います。
 
特に、表現主義は「青年期の芸術」とされる。あらゆる抑圧に歯向かって、より極端な心象ブチカマシへ突き進むのは青春の特権!!なんでしょうね。だからこそ、逆に「老年期の表現主義」が気になってくるんですけど、、
 

 前の段落と関係しているような、していないような…
『内藤瑶子の世界 Ⅱ 三浦徹コレクション』はコレクターである三浦さんが集めてくださった沢山の絵、私の10代・20代の作品を展示してくださるそうです。
ほんとうにありがたいお話です。会期中、自分も神戸に伺おうと思っています。
 
 f:id:yokonaito:20170328214604j:imagef:id:yokonaito:20170328214603j:image
なぜこれを描こうと思ったのか。。そしてどうして人に見せようと思ってしまったのか。。
疑問に思ってはいけないのかもしれないが、多いに謎である。。
 
 
『内藤瑶子の世界Ⅱ三浦徹コレクション』
会期:2017年4月1日(土)〜6月30日(金)
場所:神戸わたくし美術館(ただし、観覧は要予約のようです。ご注意ください)
電話/FAX: 078-621-0366
 

 


人人展のレポートも去年に引き続き更新することができました。↓

hitohitokai.org

 

レポートの他に、3月2日に開催した都美術館講堂での中村正義映画上映会にちなんで、1974年前後の中村正義や人人展・東京展と都美術館とのいきさつを簡単に概説しました。

先日、都美術館の紀要に「美術館としての都美術館」をテーマにした論文が載っかっているのをネットで発見。中村正義の美術館解放運動も引用されていました。他の引用文献も面白そうで、他の資料もチェックしてみたくなりました。*1

 人人会については、私の個人的な興味により勝手に調べていたりすることが多々あるのですが、ウェブサイトはあくまで見に来てくださる方や、関係する方々をとりまくコミュニティの財産になっていったらいいなぁ〜と思っています。

尾藤さんの特陳もとても見応えのあるものになっていたので、良い方向に転がってくれるといいなぁ!

 

*1:山村仁志「東京都美術館の特質と課題―様々な個人を生かすしなやかな容器(うつわ)」『東京都美術館紀要』 No.22 東京都美術館(公益財団法人東京都歴史文化財団

http://www.tobikan.jp/med…/pdf/h27/archives_bulletin_h27.pdf 

ここでとても参考になったのは、アンデパンダンからの流れや、東京展廻りを追っていると、針生一郎さんばかり読むことになってしまうんですが、瀬木慎一「東京都美術館は美術館か」というラインもあるんだなぁ〜という点。誰の得になる情報かわからないんですけど、いちおう。。

グループ企画のお知らせ『私の、意中の画家 』@ 銀座屋上ギャラリー枝香庵8F

展示のお知らせ

遅ればせながら「第41回人人展」たくさんのお客様にご来場いただきました。
また、いろいろな方々にご協力いただきました。来て頂いたお客様、出資いただいたギャラリーの方々、作品をお貸しいただいた諸機関・関係者の方々にあらためてお礼申し上げます。

人人会のサイトでも、展示レポートもおいおいアップいたします〜

 --

が、とりあえず目下進行中の展示告知をば!

3月20日(月)から、銀座のギャラリー枝香庵(えこうあん)にて行われる『私の、意中の画家 』に版画作品新作一点出品予定でございます。

30人ほどの画家が、それぞれのルーツとなる作家をフィーチャーして作品を制作・展示する、いわゆるオマージュを主にしたグループ企画だそう。私は、大正から昭和期にかけて活動した画家・長谷川利行をとりあげました。

--

実は10年ほど前(2006年)にも、ちょうど不忍画廊の所蔵となった「水泳場」が羽黒洞にて初出した「長谷川利行展」会場の片隅で、先輩の田端麻子さんと「オマージュ長谷川利行二人展」と題したミニ企画をやらせていただいたのでした。この作品は、先週の日曜美術館でも大きくあげられていましたね。*1

--

そもそも私が絵をはじめたきっかけが、中学生の時(2000年)に今はなき鎌倉の神奈川県立近代美術館で開催されていた長谷川利行の大回顧展でした。いろいろ転じて長谷川利行作品の行く末を間近で見ることができる状況に、本当に満足してしまいそう。

充足してしまったら最後、もう新しい絵なんて描けなくなってしまうんですがね(^◇^;)

 

f:id:yokonaito:20170319093343j:plain

f:id:yokonaito:20170319092940j:plain

『私の、意中の画家 』

会期:2017年3月20日(月)-3月27日(月) 11:30~19:00(日曜日、最終日は17:00まで)

会場:銀座屋上ギャラリー枝香庵 8F(えこうあん)

〒104-0061 東京都中央区銀座3-3-12 銀座ビルディング8F Tel 03-3567-8110
東京メトロ丸ノ内線/銀座線/日比谷線銀座駅 C8出口1分
東京メトロ銀座一丁目駅(有楽町線) 8番出口5分
◎JR有楽町駅(山手線/京浜東北線) 5分
ビル左横の細い通路を入りエレベーターでお越しください

 

*1:

日曜美術館 - NHK

このブログにもとても詳しく書かれていました!

長谷川利行の大作「水泳場」の行方 - mmpoloの日記

「第41回人人展」関連企画:記録映画上映会『父をめぐる旅 異才の日本画家・中村正義の生涯』のおしらせ

展示のお知らせ

前回のエントリに続き、「第41回人人展」のセンデン!

ーー
展覧会初日、3月2日人人会創立においての中心的人物・中村正義にまつわるドキュメンタリー映画『父をめぐる旅 異才の日本画家・中村正義の生涯』を東京都美術館講堂にて上映会イベント(しかも無料らしい!)を行います。
上映前に作監督の近藤正典さんをお迎えし、人人会会員で中村正義の研究もされている大野俊治を交えての簡単な挨拶も予定しています。
 
  • 日時:3月2日
  • 時間:開場14:15~、開演の挨拶(近藤正典+大野俊治)14:30~15:00、上映15:00〜16:40
  • 場所:東京都美術館講堂にて
  • 入場無料


映画『父をめぐる旅 異才の日本画家・中村正義の生涯』予告編

f:id:yokonaito:20170221234023j:plainf:id:yokonaito:20170221234402j:plain

 ーー

ここからは私の勝手な解説おば。

志半ば52歳でこの世を去った中村正義。この映画は彼の芸術作品を考察・解釈するものではありません。苛烈に生きた画家が何を求め、何を恐れ、何を愛したのか、人間・中村正義、その生きた時代を描くものです。公式サイトより抜粋)

この映画が、中村正義の人間像を考察するような視点を持っていることは、とても喜ばしいことだなぁと思いました。
 
中村正義による芸術作品の解釈・評価は、評論家の針生一郎によるものが広く知られています。また2012年に行われた練馬区立美術館『日本画壇の風雲児、中村正義-新たなる全貌』図録などには、彼の写楽に関する研究、山水画に対する関心などが挙げられていて、中村正義が画家として多くのトピックを追求していたこと紹介されています。
ちなみに、中村正義さんはプレハブ住宅についての特許も取っているらしい。中ザワヒデキさんかよ!
 
一方で「反骨の画家」とずっと喧伝されてもいるのだが、それがどのような「反骨」批判精神なのかということは、あまり掘り下げられてこなかった印象もあります。(あくまで私の個人的なもので恐縮ですが、、)そもそもの批判対象が既存の「芸術・美術」を相手取ったものが多いので、当然のことながら既存の枠組みからその批判を解明していくこと、背景を遡ることは難しいことなのだと思います。
 
東京都美術館を解放する運動や東京展の開催、勲章や芸術院会員などの制度に対する批判、師弟制度やアカデミズムなどの権力に対する批判。また一方で、アマチュア芸術(マージナルアート・限界芸術)への接近、またアナーキスト風情でもあり…とパッと見、鶴見俊輔ばりの思想を展開している。
 
この人の面白いところは、むしろここらからではないかと私は思っています。
 
興味がある方はこの機会にぜひ!お待ちしております。
 

↓前回は展示の詳細・特別陳列などのことも紹介しました。

↓オフィシャルサイトにも、情報を載せています〜

hitohitokai.org

f:id:yokonaito:20170221234402j:plain

 

グループ企画のお知らせ『版画の散歩展 』@ギャラリーT-BOX

展示のお知らせ

『第41回人人展』のことで頭グルグル🌀な日々。

実はその前に八重洲にあるギャラリーT-BOXのグループ企画があるのでした!

池田 実穂さん、長野 順子さん、ナバスさんなどT-BOXではおなじみのベテラン作家さんに混じって版画の新作3点+ちょっと旧作を出品します。

どうぞよろしくおねがいします!

 

f:id:yokonaito:20170214224322j:image 

版画の散歩展

池田 実穂、内藤 瑶子、長野 順子、松澤 綾、ラファエル・ナバス、他

2017年2月20日(月)〜3月4日(土) [2.26(日)は休廊]

時間: 11:00〜19:00 (最終日は16:00まで)

 

〒104-0028 東京都中央区八重洲 2-8-10 松岡八重洲ビル3F

TEL/FAX: 03-5200-5201

 

以前購入したナバスさん制作のマグカップ、いつも使っています。

今回は版画作品なのですね!楽しみです。

 f:id:yokonaito:20170214224934j:imagef:id:yokonaito:20170214224943j:image

前回、ギャラリーまでの行き方を書いたエントリがあります。場所がよくわからない方は↓

yokonaito.hatenablog.jp

人人展も何卒!

yokonaito.hatenablog.jp

 

 

「第41回人人展」今年も開催します。

「第41回人人展」今年も31日から開催となります。ともなって湯島の画廊・羽黒洞で同時開催される小品展「小さな人人展」にも出品します。まだ会期まで少し時間がありますが、皆さまお誘い合わせの上、ぜひご来場ください!

↓詳しくはこちらにて!!!!↓

hitohitokai.org

 

みなさまに興味を持っていただきたいので、簡潔に見所を述べます。(が、多少フライング気味ですので、変更などあった場合はご容赦ください)


今年の特別陳列は人人展会員の尾藤さんの彫刻作品を中心に構成された「尾藤敏彦 藤林叡三氏、ヨシダヨシエ氏へのオマージュ」を予定しています。
武蔵野美術大学で教授を務められていた藤林叡三さん1996年没)の、70年代に描かれた代表作である幻想絵画群を大学からお借りできるとのこと。まず見所のひとつだと思います。
しかし、どの作品になるか本決まりしていない様子。私は宣材にも使った「あらそい」見たいですねぇ~*1

ちなみにこの宣材↓私がデザインしたのですが、なんだかネットゲームのバナー広告みたいになってしまって罪悪感が(^^;;;) ともあれワクワクしてきます。左が尾藤敏彦さんの作品。体から石膏型を直取りするという、とてもエロい技法で彫刻を作っているもよう。しかし本人は至ってダンディーな方。恩年70、間違いなく若い時はもてましたね。

f:id:yokonaito:20170126224824j:plain


去年の1月に亡くなった評論家のヨシダ・ヨシエさんは、尾藤さんの作品評を書かれていて交流も深く、また人人会初期に出品していた丸木位里、俊夫妻が共同制作した「原爆の図」の巡回に大きく関わった方でもあります。また、人人会の周辺にもヨシダさんに影響を受け、信奉している方が多数いらっしゃると思います。
各々のアンデパンダン展、また我々人人会のような70年代前後に設立された在野団体は「反アカデミック」「反官展」といったスローガンだけでなくて、(山下菊二にも代表されるように)戦争体験者、または体験者から直接影響を受けた世代で、さらに学生運動安保闘争アナーキスト思想が流行していた時代も経てきていて、社会運動を志す作家の動きも活発でした。その後、人人会にはあまりそういった作家は残らなくなりましたが、戦後の社会思想もバックボーンとして大きいのだと思います。*2


私の個人的な話で恐縮ですが、この界隈にいて「お前は戦争を経験していないからだめなんだ!」と年配の方にしょっちゅうディスられてきて、そんな身も蓋もねぇ、、とは思っていたのですが(当方85年生まれ)そういう戦後美術の流れの中に存在しているからこそ、自分がそれをどう解釈して活動するかという事柄は明確にしていく必要があるんだ!という真っ当なツッコミなんだと思います、たぶん。

オマージュ作品の全容はよくわからないのですが、一種のヨシダ・ヨシエさん追悼展となるのだと思います。

 

 

追悼展は同じく去年亡くなった画家・絵本作家の井上洋介さんを予定しています。『くまの子ウーフ』なつかしいですねぇ。子供のころお世話になりました。去年の年末に渋谷のアツコバルーで行われた展示も良かったです!

くまの子ウーフ (くまの子ウーフの童話集)

くまの子ウーフ (くまの子ウーフの童話集)

 

 

絵本で知られる井上さんも、実は実際の戦争体験を元に絵画を制作していました。人人展には第2回~第25回(19761999)まで出品されています。

2014419日の東京新聞のインタビューでこう応えられていました。

「俺の肩書は、絵描き。描くことが好きでたまらないんです」

「一九九五年、「从(ひとひと)展」に出品した油彩「室内図」の画面中央には巨大な穴。たたきつけるような筆遣いが胸に迫る。かと思えば、八六年出版の自作絵本『アナボコえほん』は電車や海などいろんな場所に穴が空いてしまう内容でクスッと笑わせる。「俺にとって、穴は爆弾の跡。でも、絵本は見て笑ってくれれば十分。ナンセンスでしょ?」

穴は爆弾の跡なんだ。観る時に参考にしてみよう、、

エロ、グロ、ナンセンスと評される独自の世界。笑わせた後に考えさせるのが井上流だ。「ナンセンスって、笑いでもあるし、風刺でもある。笑いがないと人間の呼吸が伝わらない」。

 

他にも関連イベントとして、人人会創設者でもある画家・中村正義をフィーチャーしたドキュメンタリー映画『父をめぐる旅 異才の日本画家・中村正義の生涯』(2013年公開)の上映会を東京と美術館講堂で行います。

無料なのでぜひ来ていただきたいと思います。

ーー

しかし、思いのほか長くなってしまったので、また次回、映画についても書こうと思っています!

*1:97年に武蔵野大学美術館で追悼展が行われており、この時に作品が寄贈となったようです。http://mauml.musabi.ac.jp/museum/archives/3429

*2:日本美術オーラル・ヒストリー・アーカイヴ/ヨシダ・ヨシエ オーラル・ヒストリー

php:ヨシダさんの対談がアーカイブされていて、とても参考になりました。インタビューする方が素晴らしいのか、とてもお役立ちな内容でした。他のコンテンツもとても面白いです。

謹賀新年 / 寿司を煮た正月

近況

あけましておめでとうございます!

みなさまにとって素晴らしい年になりますように。
 
f:id:yokonaito:20170106001355j:image
 
大晦日から元旦にかけて、家族や親戚と温泉へ。なかなかの贅沢です。
普段では食べられない上等な寿司、刺身‥食べ放題にて目が回るまで食いまくる、まったくのド平民なわが家族です。なぜだか帰りにも回転寿司へ。
その後、行く先々の実家や親戚宅でも寿司、刺身、寿司、刺身‥
 
気がつけば年末年始の4日間で6回も寿司を食べている我が家。残ったものも勿論持ち帰り。love寿司。
しかし持って帰ったはいいが、流石に飽きるし、時間が経ったものは鮮度が微妙だ。
 
いろいろ考えた結果、タイトルにもあるように寿司を鍋にして食べました。
初めて大トロを煮ました。煮ると普通にツナですな。鍋向きなのはやはり鯛か。
シャリは"シメのおじや"に投入。なかなか謎な味だが食える。息子もムシャムシャしてました。
 
なかなか美味しかったです、みなさまも寿司が残った際はおためしください。
でも、胃腸が疲れすぎてなんかもう‥貧乏性をこじらせての食べすぎも注意です!
 
今年もよろしくお願いします〜🎉
 
ーー
 
なんだかんだで、次の展示の作品がぜんぜん進まないぜ。。
3月に毎年恒例の「人人展」があります!
 
 
 

展示終了 / 展示見聞録、ゲージツの起源とは

近況

グループ企画「装幀画展Ⅳ」無事終了いたしました。また、今年の展示スケジュールもこれにておしまいです。来ていただいたお客様、関係者のみなさま、いろいろとお付き合いいただいた方々にお礼と感謝を申し上げます。

また来年もいろいろな企画に挑戦したいと思います!

 

ーー

 

上野駅前で、なんだか時間ができたので国立科学博物館でやっている『ラスコー展』に入ってみた。久しぶりの大型展、チケット代は1600円なり。なかなか高額で一瞬ひるんだが、時間も限られていたのでしぶしぶ金を払い入場。*1

 
これだけ金を払えば、なんとか頑張って観なきゃと思う貧乏性が顔を出す。しかし想像以上に広い科学博物館。資料の展示が多くて、文字も多いからなかなか見きれない!さらに図録も買うことに。。
 
f:id:yokonaito:20161215222457j:image
f:id:yokonaito:20161215222555j:image
f:id:yokonaito:20161215222645j:image
こんな壁画らしい。もちろん飾られてるのはレプリカっす。
 
クロマニヨン人はオーカーの顔料を使っていたらしい。二万年前!歴史があるんだなぁ!死んだ恩師がいつもイエローオーカーばかり使っていたナァ。
 
とはいえ非合理的、非機能的、かつ過剰な展開に「美」を見出してしまうのは近代的視点のなせる技。この壁画に芸術の起源を見出す理屈や、わかりやすい進化論的な解釈にやや毒され過ぎているのかもしれないけど、
それでも、この壁画を発見した人々は人類の創造的な能力、協同して生活していく習性が文明文化を実現させた魔法だったんだ〜と、惚れ惚れしてしまっただろうな。
 
しかし、マンモスとか狩って生活するのもしんどそうだし、絵を描くのも苦労した様子。どうしてこんな大そうなものを制作してしまったんだろう?
意外と暇だったのか?
暇と退屈の倫理学 増補新版 (homo Viator)
 

 

この本にも同じようなことが書いてあったような。(冗談じゃなくです!)確認したいけど、本が見つからない!新版が出ているんですね。読みやすく、内容も面白い本だったと思う。

 
 
 
 
 
 
 
 

*1:ちなみに、金曜日の夜はペアで1000円で入れるらしい。男女は問わないそう。