画家の死後:内藤瑶子の生前日記

自称絵描き|内藤瑶子のナイトー自身による、活動報告のブログです。/ 東京近辺で活動中。詳しいことはhttp://yokonaito.info/へ。

なんとかやってます / 近況

個展も終了して、もう一か月経ちました。はやいものです。
なんとか続けられそう。大きい展示が終わると毎回「もう作家とかやめるかも…」って思うんですけど、今回はちょっと目線が上むきです。


みなさまの応援・ご支援があってこそでございます!!m(__)m

改めまして、お客様・お世話になった方々に感謝申し上げます。

展示風景や作品などは、ウェブサイトに少々アップしたりしています!

yokonaito.info

ーー

最近は何かと文章をいじっていることが多くて、肝心の画像の締め切りなどを忘れていたりする。おいおい!

ーー

私が調査したりするのはほとんど物故作家(死んだ作家)。そういう興味の上で、知り合いのコレクターの方に手放した作品やコレクション放出・整理のことなどの話を聞くにつけ、作家の文章やまとまった資料・アーカイブがあるなしで、作品の見られ方が大きく違うことに大変な歯がゆさを感じてしまう。

特に、反アカデミズム系の画家は作品についてあまり語っていないことが多い。むしろ拒否しているように見えることもあるし、こっちが聞きたいことが資料や記録として残っていないまま亡くなっているケースもあるように思う。

そもそも画家にとって、「言葉」の捨象力に拒絶反応があるのは通常運行
もちろん、作品は作者から離れて、自律した存在であるべきだとは思うのだけど。

ーー
22687517_854118988098579_3994367047355506579_n

先日まで羽黒洞で開催されていた「抒情の画家- 佐熊桂一郎・古茂田杏子 二人展」の佐熊桂一郎も、作家目線からは本当に面白い作家。このまま忘れられていくのはしのびなく、絵や作家にまつわることを筋立てて語ってしまいたいという欲望が抑えられない時がある。

人や作品なんて、一貫性をもった言葉で表せるはずがないのにね。 

f:id:yokonaito:20171130210940j:plain
f:id:yokonaito:20171130210943j:plain
これが佐熊桂一郎特集が13頁も掲載された『みづゑ』1971年4月号だ!

もちろん、文脈の依存度が高い作品もあれば、低い作品もある。私はドアカデミックな現代美術をフォローしてきたわけではないし、骨とう品や物故作品の中で活動してきたから、言葉から離れた物の行き先に関する一種の無常観(?)がないわけでもない。

なくなるものがあるからこそ、今あるものに注視できるのだから。

うーん(-ω-;) まあ、いろいろ資料を集めてみてから考えよう。

ーー

最近読んでいた本の訳者後記より。

「要約からは多くのものが抜け落ちる……それ自体としてはけっして間違いとはいえない要約からは本書を本書たらしめる『何か』が抜け落ちる」

大概これで、私は人をがっかりさせている気がする。

それにしてもこの本の説教、ささるな~人物や作品の概説なんか、一言も書けなくなりそう。

ニーチェと悪循環 (ちくま学芸文庫)

ニーチェと悪循環 (ちくま学芸文庫)

 

 

そして、ジンメルに続いてまたもや論述しない袋小路タイプの思想にはまる泥沼。今まで自分がこういうのが好きだって気づかなかった。。 

蔵書票展、ブックスモブロ会場での小展示は〜5日まで続いています。

水平線ギャラリー鎌倉での蔵書票展は終了したのですが、ブックスモブロでの小展示は〜5日まで続いています。三連休、秋晴れの鎌倉は混みそうですが、きっと気持ちいいとおもいます。
水平線ギャラリーで、売っていた蔵書票を買ってくださった方がいるそうです。
ありがとうございます!(もしよければ名乗り出ていただけるともっと喜びます)ブックスモブロにも甕の蔵書票が一枚あるはずなのですが、まだあるのかな?
 
ちなみに、こんな蔵書票でした。
f:id:yokonaito:20171102224324j:imagef:id:yokonaito:20171102224314j:image
  
いろいろな御託を考えて、古代ギリシアの飲み会で酒を入れる甕*1をモチーフにしよう!と思ったのですが、そもそも日常的に甕なんて使わないし、そもそもどんな形のものなのか!?
ものすごい急ぎで作っていたので、とりあえずネット検索。
ルーブル美術館のデータベース(http://www.louvre.fr/jp)超すごい。
すぐにクラシック時代のクラテール*2を発見しました。
今見たら、日本語訳もあってなおすばらしい!
ただ、仕上がりは甕なのかなんなのか、よくわからんぞ!
 
それでも東京国立博物館 - コレクションのほうがシンプルで見やすいと思う。ルーブルのサイトはフラッシュが多様されすぎていて、ブラウザを選んでしまいます。
 
蔵書票を貼り付けて本も展示していたのですが、なぜか嵐山光三郎『温泉旅行記』を選書。甕の版画も含めていろいろ謎な仕事ばかりしてしまったが、
とりあえず、温泉と酒は最高です!

 

温泉旅行記 (ちくま文庫)

温泉旅行記 (ちくま文庫)

 

 

鎌倉で『蔵書票の世界展Ⅱ』~10月30日に参加しています/展示終了

ギャラリーT-BOXでの個展、おかげさまで無事終了しました。ずっと雨が続きましたが、たくさんの方々に見守っていただき感謝です!

来てくださったお客さま、サポートしてくださった皆さま、

改めましてどうもありがとうございましたm(._.)m

 

お礼や雑務、写真のマウントなどが追いつかず、展示参加もあるので、個展の様子はまたの機会にアップできればとおもいます。

いろいろな方に見て欲しい〜_(:3 」∠ )_



さてさて大そうめまぐるしいのですが、目下の展示。

24日(火)より、いつもお世話になっているリン版画工房主催による『蔵書票の世界展Ⅱ』にEX-LIBRIS(蔵書票)作品二点にて参加させていただきます。場所は鎌倉で、水平線ギャラリー・ブックスモブロの2会場あります。工房会員有志による展覧会です。

f:id:yokonaito:20171025192729j:plain

水平線ギャラリーでの展示の様子

f:id:yokonaito:20171025192736j:plain

活版印刷機(だよな?)ワークショップはこれでやるそう。

f:id:yokonaito:20171025192747j:plain

蔵書票の歴史。アーツ・アンド・クラフツ運動……なるへそ!



いずれの会場でも、かなり血が騒ぐ値段での蔵書票販売があります。また水平線ギャラリー鎌倉では、実際に蔵書票を制作できるワークショップも企画されているようです。凸凹版画に加えて活版印刷も体験できるようですので、興味がある方にはとてもおすすめです。

また自分の作品の記録を撮り忘れました(^◇^;)

 

リン版画工房主催『蔵書票の世界展Ⅱ』

◉第一会場 水平線ギャラリー鎌倉 

2017年10月24日~10月30日、10:30~18:30 {初日13:00~。最終日17:00}

ーワークショップ(午後を予定) 

25日:ハイブリッド版画 ・ 26日:樹脂版ドライポイント ・ 27日:木口木版画 28日/29日:活版印刷

◉第二会場 ブックスモブロ 

2017年10月24日~11月5日、定休日や時間はお店の営業時間に準拠するのではないでしょうか?

リン版画工房のページ - リン版画工房より

 

詳細は以下をご覧いただければよいのではと思います。

🔹版画工房のページ:https://www.facebook.com/linhanga/ 
🔹リン版画工房版画詩集展:https://www.facebook.com/hangashuu/

 

電子書籍派だと豪語してなかったっけ?っていうツッコミが聞こえてきそう(^◇^;)

 

16日(月)から個展🏃初日営業後には「波の会vol.10」を開催します。

搬入なども鑑みると目前にせまってきた個展。2017年10月16日(月)~10月21日(土)八重洲・京橋T-BOXです、告知は下の方にも載っけておきます。
是非是非、お待ちしております。
 
まだやってる制作。もちろん大変ありがたいことではありますが、毎年秋も深まりつつ個展が迫るこの時期、特に胃の調子が悪いです。
そして毎度感じる「自分、絶対作家とかむいてない……」との思い(汗)
マゾなの?忘れっぽいから続けられるのかしら。
ただ絵が好きなだけじゃ、画家としてはビミョーな昨今で大変です。
 
 
ーー 
 
初日は営業後19:00から、オープニングパーティ兼イベント「波の会vol.10」今年もとくにこれといった計画もなく開催予定。
 「波の会 Vol.10」
●日時:2017年10月16日(月)19:00〜
●出演:小川敦生、3/4*1(trio in quartet solo)、舩橋陽
●会場:東京・八重洲 T-BOX

f:id:yokonaito:20171007152217j:plain

http://www.tbox.co.jp/
〒104-0028
東京都中央区八重洲 2-8-10松岡八重洲ビル3F
TEL/FAX: 03-5200-5201

 

ほそぼそとですが、もう足掛け10年以上にわたって即興音楽に関連する活動をしてきたようです。非常にドメスティックなものではあるのですが、一緒に楽しんでくださった方々に感謝申し上げます。
何をやるのか、書くのがとても難しいのですが、いつもお世話になる小川敦生さん、3/4*1(trio in quartet solo)に加えて、今回は舩橋陽さんが音を鳴らしたりなんかしてくださるそうです。
 
内藤瑶子新作展
--もう何も考えたくない--『否考式』」
◉2017年10月16日(月)~10月21日(土)
◉11:00~19:00, 最終日は16:00まで
f:id:yokonaito:20170929112942j:plain
f:id:yokonaito:20170929112947j:plain
◉会場:
 
 詳しい行き方は去年の個展告知のエントリでも書きました。

来月に個展を予定してます🏃|展示終了しました。

先に告知をば。
来月の16日から八重洲のギャラリーTーBOXにて個展がはじまります。
今回はだいぶ思い切った実験をしすぎて、まとまるのか!?
 
内藤瑶子新作展
--もう何も考えたくない--『否考式』」
◉2017年10月16日(月)~10月21日(土)
◉11:00~19:00, 最終日は16:00まで
f:id:yokonaito:20170929112942j:plain
f:id:yokonaito:20170929112947j:plain
◉会場:
東京・八重洲 T-BOX
http://www.tbox.co.jp/
〒104-0028
東京都中央区八重洲 2-8-10松岡八重洲ビル3F
TEL/FAX: 03-5200-5201
 
ちなみに『否考式』は「ひこうしき」と読みます。もちろん造語です。
こんなんでいいのかい?いいんだよ!やってやるよ内藤!
ーー
 
24日までだった銀座のギャラリー共同出展型アンテナショップ・Art Mall(アートモール)で開催されていた「美術を愛した 漱石に捧げるアート展」が終了しました。
来てくださったお客様、どうもありがとうございました!
 
 そういえば、3、4年前、ノイズ系(?)の音楽フェスに遊びに行ったとき、夏目漱石の脳が展示されるという出し物を目撃しました。
あまり細かいディティール覚えていないのですが「ロックフェスの轟音の中でビールを飲みながら、なぜか夏目漱石の脳を見た」という事柄は覚えていて、調べて見たら、どうやら「1425グラムと平均よりチョイ重めの漱石の脳は現在、東大医学部標本室で保管されている。一般公開はされていないだけにフェスへの参加は漱石に会える大変貴重な機会」だったそうだ。
 
 

会期延長🏃「《美術を愛した》漱石に捧げるアート展」9月24日(日)夜8時まで

小品一点参加している「《美術を愛した》漱石に捧げるアート展」好評につき9月24日(日)夜8時までプチ延長決定!とのこと。朝日新聞にも掲載されたそうですよ〜すごい(・ω・)!
こんなかんじ。夢十夜というお話が題材として人気があったみたいですね。
展示の様子載せておきます🏃とりいそぎ。
はしっこの赤いものが私の作品です。24日に会館予定「新宿区立漱石山房記念館」のポスターも貼ってありました。
f:id:yokonaito:20170921220115j:plain
f:id:yokonaito:20170921220129j:plain
 ↓詳しい詳細は、前回エントリで書きました。↓

グループ企画参加します「《美術を愛した》漱石に捧げるアート展」/漱石の転職。

明日から、下記展示に小品一点出品予定です。

三井不動産のテレビCMで映るコレド室町のすぐ近く。近くには日銀とか、三越とか、見て楽しい建物もたくさんあります。銀ブラの際にはぜひ!

 

***漱石山房記念館 開館記念***

《美術を愛した》漱石に捧げるアート展

f:id:yokonaito:20170911200336j:plain
f:id:yokonaito:20170911200345j:plain

ことし2017年は夏目漱石生誕150周年にあたります。 記念イベントが全国で目白押しの中にあって、 もっとも大きな目玉行事が『漱石山房記念館』の開館です。 日本最大の漱石記念館として、 漱石生誕の地・新宿区に9月24日オープンいたします。 本展は、NPO法人 漱石山房からの 特別協力と賛同の下に企画されました。(公式リリースより引用)

  

f:id:yokonaito:20170911190554j:image「 文鳥」を選びました。F0号、コラグラフに手彩色です!

文鳥・夢十夜 (新潮文庫)

文鳥・夢十夜 (新潮文庫)

 

ーー

今回とりあげた「文鳥」はとても短い話ですが、これはほぼ自然主義作品としてよいのかしら?(・・?)

いい。この話とても好きです。

 

確かに私は活字中毒ではあるのですが、文学にものすげー詳しいわけでもない。

こういった読書企画(勝手に命名)では、本文に加えて、関連する入門書や有名な論評などに目を通すよう努めているのですが、いかんせん今回は時間がとれず読みこめませんでした。

でも、たまたま自宅にあった新潮 2017年 08 月号 [雑誌]で「編集者漱石」が連載されていました。それによれば、この「文鳥」が朝日新聞に掲載される一年前、漱石朝日新聞で働き始めてもいたらしい。漱石は当時40歳での転職で、安定した大学教授職を蹴って朝日新聞に入社したそうで、給料とか家族のこととかでかなり悩んでいたらしい。

エリートでも考えちゃうよねぇ。どこの家庭も一緒なんだなぁ〜